お知らせ

1型糖尿病について深堀

一型糖尿病は膵臓からインスリンが出なくなる病気ですので外部からインスリンを注射する必要がありますが、インスリンを注射するタイミングや量を考えながら打たないと逆に低血糖になってしまうこともあります。基本的には食事の前に血糖値を測り、インスリンを注射するわけですが、バランスの良い食事をとり血糖値を100前後に保てると良いでしょう。インスリンでもノボラピットやトレシーバがあり、ノボラピットは急激に血糖値を下げる作用があるので注射したらすぐに食事を摂りましょう、又トレシーバはほぼ一日中効きますが朝起きた瞬間などに低血糖になることもあります。

関連記事

お知らせ最新情報を配信しています

最近の記事
おすすめ記事
  1. しらべてみた頭の出来物

  2. おしえて高血圧症の予防対策

  3. 私の体験談  腰椎圧迫骨折編

  1. 登録されている記事はございません。
TOP